GERUGA


GERUGA JOUNAL

+++++++ 9/3 〜 <発売>  +++++++

GR-P-75 COLOR DENIM PANTS

1

2

3

4

5

6

7

8

9

11

12

13
カラーデニムを使用した、5ポケットデニムパンツ。

ほどよくゆとりがあり、股上が深めのこのパンツは流行とは関係なく、

シルエットだけで存在感を放っている。

糸番手と運針数を場所に応じて使いわけ、佇まいに奥行きを与えている。

ステッチ配色は、同色と異色で構成し、落ち着いた色味の生地に活気を加えた。

前開きは、ドーナツタックボタンのボタンフライ仕様。

履き込みエイジングを楽しんでもらいたい一本。

シルエットベースは、定番ラインのパテッドデニムパンツ。

カラーデニムは、旧力織機で織り上げたセルヴィッチデニム。

+++++++ 9/3 〜 <発売>  +++++++

GR-S-82 TUCK OUT WESTERN SHIRTS <DENIM>

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18
いわゆるウエスタンシャツというものを、華美にならないよう、

シンプルに現代的に落とし込んだシャツ。

ダイヤカットされたパール釦や矢尻の刺繍が雰囲気を盛り上げている。

2種類の糸番手を適材適所に振り分け、運針数も使い分け、全体像に奥行きを与えている。

採用した素材は、Leeウエスタンシャツをモチーフに製作されたセルヴィッチカラーデニム。

タテ糸番手を上げ、力織機で織り上げることにより、

チープではない程よい風合いに仕上がった。

+++++++ 9/9 〜 <発売>  +++++++

GR-Z-15 MOTORCYCLE LEATHER GROVES

1

2

3

4

5

6

7

8

9
60~70年代のダートトラック・モトクロスグローブをモチーフにしたレザーグローブ。

当時のモトクロスグローブは手の甲から指の部分のプロテクターはゴム製だったが、

耐久性とスタイルを重視し、同革を採用した。

手の平側も、シンプルな形状にこだわった。

アテ革は補強として、アクセルワークの際に一番ストレスのかかる内側部分に

必要最低限の大きさで配置した。

指部分は、グリップを握る時に違和感の無いよう、軽く握った形状にしている。

通常内側で縫われるシームを外側で縫う事により、内部で指に当たらないようにした。

袖口の丈は、タウンユースを意識し、短めの設定。

採用した素材は、上質なオイルドレザー。

カーフのような繊維がきめ細やかな牛革に、グローブ用にオイルをたっぷり含ませ、

柔らかく仕立てている。

牛革ながら、鹿革のように柔らかくてしなやかな仕上がりなので、

アクセルワークによる疲れの軽減が期待できる。

3シーズン用。

名古屋のディーラーさんにてGERUGA革製品の展示会を行ってきました。僕らは1日だけ店先に立つので、当日の朝から名古屋に向けてバイクで走ることに。


カッパ無しで行けるだろうと思っていたら、突然の出っぱなからの雨。当時二人で買ったこのツナギのカッパ、撥水の効力が落ちてきているので、長時間乗ると濡れるのです。特にお股が。


同行した、Thugliminal の長島くん。


オイルの減るタイミングが早まっているらしく、こまめにオイル量を確認。ハイオクガソリンにオイル持参、なかなかです。


静岡あたりでやっと晴れる。が、晴れた途端に蒸れる。着替えて再び荷造りし直して。道中、雨の降り止みで何度荷造りしたか…


山とパレハ(相棒)


一時間遅刻して到着。悠長に浜松SAで飯を食べている場合ではなかったみたい。でもお土産買えたからよしとして。


店前で3台並べて撮ろうとしたら、ドンピシャで赤い自転車のお姉さん。黄色の差し色が素敵。これはこれでナイスショット。


クーラーあってこその真夏の革ジャン展示会。クーラー無しでやる? と言った無謀で無責任発言を反省。名古屋は東京より暑かった。


店主の中村くん、カメラ好きで撮るのもうまい。ピントもマニュアルで送る手練。人のカメラに興味津々。


展示会中の写真これしか撮れなかった。話しながら動画撮って、写真撮って、てのは無理みたい。なので展示会中の模様は、店主中村くんのblogにお任せ。
<GERUGA Leather Exhibition at DUDE>


夏ももうすぐ終わる気配。今年はあとどれくらい走れるか。

(Fuji X-T10/XF16mm F1.4/PROVIA RAW/VSCO Film)

+++++++ 9/10 〜 <発売>  +++++++

GR-S-83 WORK SHIRTS <NEP-HERRINBONE>

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14
トリプルステッチを主軸においたデザイン構成でタフに縫い上げたワークシャツ。

GERUGAデニムアイテムを一任している縫製工場にて、デニム同様にタフに縫い上げた。

シルエットは、適度にゆとりをもたせた。

アタリの多くなる肘から袖口には共地でパッチ、ポケットフラップにはペン差しホール、

左身頃裏には内ポケットを配置。

釦はタック釦を用い、タフな使用環境でも釦の紛失の心配はない。

メインシェルに採用したネップヘリンボンコットンは、

ヴィンテージワークパンツを元に製作した生地。

左腹部にはGERUGAのアイコンの花柄を刺繍。