GERUGA


KENTARO MARUYAMA JOURNAL

秋冬物に取り掛かり始める

周りのメーカーさんは近々展示会だけど・・・

まずはコートから

GERUGAはレプリカを作っているわけではないので

昔のものを参考にしつつも

現代の自分たちの解釈を大事にしている

着用 約三ヶ月

GR-J-79 ROUND COLLAR DENIM JUMPER <ECRU>
 

178㎝ 72㎏ サイズ3(サンプル着用 サイズ感は量産と同じ)


B-2はフライトJKTの中でも初期に開発された、極寒冷地用モデル。

ホースハイドに、衿ボアはシープムートン、

ライニングは総アルパカ混ボアの豪華仕様。

GERUGAの職人技によるパターンメイキングで、シルエット・パーツバランスともに秀逸。

*外袖に、大きく切り取られた補強革をステッチで止めています。

好評のパテッドレザーパンツ。

前面の腿から膝下へかけてと、尻部にパテッドを施し、

パテッドパンツとしての雰囲気を盛り上げる。

スタイルと機能性を踏まえた結果、薄めのウレタンをパテッドに内蔵した。

前面はZIPポケットを配し、ヒップパーツの切り替えにはスエードレザーを使用し、

さらに一歩踏み込んだ表現となっている。

前開きはドーナツタックボタンのボタンフライ仕様。

裏地に採用したポリエステル/レーヨン混ツイルは、

起毛加工によりナチュラルなうぶ毛を付与し、

ソフトタッチでウォーム感ある素材。強度にも優れている。


キルトライナーを組み込んだスタンドカラーレザージャケット。

身頃にはシンサレート中綿をキルティングで内蔵し、

袖には薄型シンサレートを内蔵させている。

身頃、袖、共に適度なゆとりを持たせつつ、野暮ったくならないよう、

シルエットバランスにこだわった。

センタージップジャケットより、少しタイトめなシルエットとなる。

背中のアクションプリーツは採用していないが、

前傾姿勢のライディングでも適用できるよう脇下にマチを採用している。

*ライニングについて

滑らかで深みあるレーヨンコットンを使用し、

中綿には防寒性能に定評のあるシンサレートを採用。

これにより着やすさと防寒性も確保している。

腰部ベルトバックルには、オリジナルバックル(JANGO製)を採用。

+++++++ 4/8 〜 <発売>  +++++++

GR-KT-13 SUMMER KNIT CAP <COTTON>

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15
WWII US NAVY WATCH CAPをコットン素材を使いアレンジ。

トップのまとめ手法は、ベースボールのキャップ部分の6個のパーツのように裁断し縫製し、

サイドに縫い合わせる仕様を採用した立体形成。

コットンなので、ウール特有のチクチク感もなく着用できる。

ほどよい肉厚なので、年中通して活用できます。

シルエットは浅めの設定。


GERUGA初期型のスタンドカラーシングルライダース。

首もとに吸い付くようなラインから肩へ向けての前肩の形状は、

テーラーメイドな肩線のカッティングを応用している。

肩線やフォルムには直線的なカッティングを用いず人間の体の丸みを意識した、

微妙なカーブの連続した集合体として表現している。

小振りなアームホール、若干後めの釜底マチ、後面のアクションプリーツは、

ライディングポジションを妨げないよう設計している。

前面の裾にはライディングポジションによる、

前裾の詰まりを逃がす為のスリットが設けられている。

後面も同じように個々のライディングポジションに合わせられるよう、

腰まわりのアジャスターとしてのマチを、ZIPの内部に備えている。

袖はライダースとしての前振り設計になっているが、

胸巾を若干広げ、タウンユースとしての面も持ち合わせられるようにしている。

*ライニングについて

身頃には、PE90 W10 のポリエステルチノ、

腰部分には、W95 の英国羊毛ブレンド乗馬サージ、

袖には、ポリエステル/レーヨン混ツイルを使用した豪華仕様となっている。