GERUGA


GERUGA JOUNAL

GERUGAの定番、レザーウォレット&ウォレットコードです。

★レザーウォレットは、ロング、ミドルの2種類です。
★ミドルは札を折るタイプです。
★寸法(ロング) 9.5cm(巾)×18cm(長さ)×2cm(厚)
★寸法(ミドル) 9.5cm(巾)×15cm(長さ)×2cm(厚)
★ZIP、ハトメ、ドット釦は、ブラス、ブラック、シルバー色から選べます。

★ウォレットコードは、ロング、ショートの2種類です。
★寸法(ロング) 全長38cm(金具端まで)
★寸法(ショート) 全長28cm(金具端まで)
★ウォレットコードのフックは、ブラス、ブラック、シルバー925、から選べます。

基本、納期は、30日〜(時期とタイミングによります)
アイテムについての詳細は HUNGER 又はお近くの ディーラー さんにお訪ねください。

DSC_0243-


表革にはイタリアのワルピエ社のブッテーロ、
内革一式にはアメリカのホーウィン社のクロムエクセルを使用した、
GERUGAとMETAL JACKETの、
それぞれが使用していた革の融合を纏った2トーンカラーウォレット。

表革は発色の良い色を纏わせて、
内革一式はオイルを含んだしっとりとした革を、どっしりと構えさせた。
デザインはウォレットコードとの一体感だけをデザインポイントの目標とし、
徹底的に主張のないオーソドックスなウォレットを目指した。
縫製や仕立てはMETAL JACKETに依頼。
METAL JACKETが独自にミシンの研究を重ね、縫う面の裏側に付きやすい、
送り歯による傷をださないようにしたミシンの表現は、手縫いには負けない表現となっている。

かつてのGERUGAはやすりで成形後、染料を入れて蜜蝋を溶かし込み、
コバの美しさと強度を追求していたが、
GERUGAユーザーの大半はハードに使用される方が多く、
コバのへたりが早かったので、今回のコバ処理は顔料仕立てを採用した。
ZIPスライダーとムシ、ハトメは、ブラス、ブラック、シルバー色から選べるようにし、
ウォレットコードの金具とのマッチングを図った。

大きさは2種類、ミドル、ロングが有り。
ウォレットコードの両端には、JANGO製作によるフックを装着。
GERUGA KEY HOOKのデザインを元に、リデザインしてウォレットコード用に配置した。
極端なデザインにはせず、ウォレットコードとして、革との存在共有を目指した。

金具はブラス、ブラック、シルバー色から選べるようにし、
ウォレットの金具とのマッチングを図った。
長さは2種類、ショート、ロングが有り。

GERUGAの定番、レザーウォレット&ウォレットコードです。

★レザーウォレットは、ロング、ミドルの2種類です。
★ミドルは札を折るタイプです。
★寸法(ロング) 9.5cm(巾)×18cm(長さ)×2cm(厚)
★寸法(ミドル) 9.5cm(巾)×15cm(長さ)×2cm(厚)
★ZIP、ハトメ、ドット釦は、ブラス、ブラック、シルバー色から選べます。

★ウォレットコードは、ロング、ショートの2種類です。
★寸法(ロング) 全長38cm(金具端まで)
★寸法(ショート) 全長28cm(金具端まで)
★ウォレットコードのフックは、ブラス、ブラック、シルバー925、から選べます。

基本、納期は、30日〜(時期とタイミングによります)
アイテムについての詳細は HUNGER 又はお近くの ディーラー さんにお訪ねください。

表革にはイタリアのワルピエ社のブッテーロ、
内革一式にはアメリカのホーウィン社のクロムエクセルを使用した、
GERUGAとMETAL JACKETの、
それぞれが使用していた革の融合を纏った2トーンカラーウォレット。

表革は発色の良い色を纏わせて、
内革一式はオイルを含んだしっとりとした革を、どっしりと構えさせた。
デザインはウォレットコードとの一体感だけをデザインポイントの目標とし、
徹底的に主張のないオーソドックスなウォレットを目指した。
縫製や仕立てはMETAL JACKETに依頼。
METAL JACKETが独自にミシンの研究を重ね、縫う面の裏側に付きやすい、
送り歯による傷をださないようにしたミシンの表現は、手縫いには負けない表現となっている。

かつてのGERUGAはやすりで成形後、染料を入れて蜜蝋を溶かし込み、
コバの美しさと強度を追求していたが、
GERUGAユーザーの大半はハードに使用される方が多く、
コバのへたりが早かったので、今回のコバ処理は顔料仕立てを採用した。
ZIPスライダーとムシ、ハトメは、ブラス、ブラック、シルバー色から選べるようにし、
ウォレットコードの金具とのマッチングを図った。

大きさは2種類、ミドル、ロングが有り。
ウォレットコードの両端には、JANGO製作によるフックを装着。
GERUGA KEY HOOKのデザインを元に、リデザインしてウォレットコード用に配置した。
極端なデザインにはせず、ウォレットコードとして、革との存在共有を目指した。

金具はブラス、ブラック、シルバー色から選べるようにし、
ウォレットの金具とのマッチングを図った。
長さは2種類、ショート、ロングが有り。

GERUGA初期からリリースしている定番のルーズストレートデニム。
定番デニムパンツの中では、股上は深めに設定。
バックポケットは縦長の変形タイプで、
センターより離し気味で下気味にデザイン。
渡り巾は、ストレートより2サイズ弱太い設定。
脇割りは、片耳タイプ。
フロントは、ボタンフライ仕様。
岡山倉敷のデニムスペシャリスト工場にて縫製。

 
*糸番手 #6 #8 #20 #30 を使い分け、運針数も場所に応じて使い分けている。

*サイズは、(27) (28) (29) (30) (31) (32) (33) (34)、の8サイズ展開。

*革パッチはシカ表革(画像は旧モデルでスエード革)

*着用モデル 175㎝ 68㎏(画像は洗い前を着用)

GERUGA初期からリリースしている定番のストレートデニム。
定番デニムパンツの中では、股上は中間に設定。
バックポケットはホームベースタイプで、
リーバイスなどのヴィンテージモデルに近い配置。
脇割りは、両耳タイプ。
フロントは、ボタンフライ仕様。
岡山倉敷のデニムスペシャリスト工場にて縫製

 
*糸番手 #6 #8 #20 #30 を使い分け、運針数も場所に応じて使い分けている。

*サイズは、(27) (28) (29) (30) (31) (32) (33) (34)、の8サイズ展開。

*革パッチはシカ表革(画像は旧モデルでスエード革)

*着用モデル 175㎝ 68㎏(画像は洗い前を着用)

 

GERUGA初期からリリースしている定番のブーツカット。
定番デニムパンツの中では、股上浅めに設定。
バックポケットは縦長の変形タイプで、
股上までは、タイトストレートと同じ設計。
脇割りは、ロック始末タイプ。
フロントは、ボタンフライ仕様。
岡山倉敷のデニムスペシャリスト工場にて縫製

 
*糸番手 #6 #8 #20 #30 を使い分け、運針数も場所に応じて使い分けている。

*サイズは、(27) (28) (29) (30) (31) (32) (33)、の7サイズ展開。

*革パッチはシカ表革(画像は旧モデルでスエード革)

*着用モデル 175㎝ 68㎏(画像は洗い前を着用)
 

GERUGA初期からリリースしている定番のタイトストレート。
定番デニムパンツの中では、股上浅めに設定。
バックポケットは縦長の変形タイプで、
センターより離し気味で下気味にデザイン。
脇割りは、片耳タイプ。
フロントは、ボタンフライ仕様。
岡山倉敷のデニムスペシャリスト工場にて縫製。

 
*糸番手 #6 #8 #20 #30 を使い分け、運針数も場所に応じて使い分けている。

*サイズは、(27) (28) (29) (30) (31) (32) (33)、の7サイズ展開。

*革パッチはシカ表革(画像は旧モデルでスエード革)

*着用モデル 175㎝ 68㎏(画像は洗い前を着用)
 


この時点で、あの山々の中を走りまわるとは思ってもいなかった過去。