GERUGA


GERUGA JOUNAL

GERUGAの定番、レザーウォレット&ウォレットコードです。

★レザーウォレットは、ロング、ミドルの2種類です。
★ミドルは札を折るタイプです。
★寸法(ロング) 9.5cm(巾)×18cm(長さ)×2cm(厚)
★寸法(ミドル) 9.5cm(巾)×15cm(長さ)×2cm(厚)
★ZIP、ハトメ、ドット釦は、ブラス、ブラック、シルバー色から選べます。

★ウォレットコードは、ロング、ショートの2種類です。
★寸法(ロング) 全長38cm(金具端まで)
★寸法(ショート) 全長28cm(金具端まで)
★ウォレットコードのフックは、ブラス、ブラック、シルバー925、から選べます。

基本、納期は、30日〜(時期とタイミングによります)
アイテムについての詳細は HUNGER 又はお近くの ディーラー さんにお訪ねください。

表革にはイタリアのワルピエ社のブッテーロ、
内革一式にはアメリカのホーウィン社のクロムエクセルを使用した、
GERUGAとMETAL JACKETの、
それぞれが使用していた革の融合を纏った2トーンカラーウォレット。

表革は発色の良い色を纏わせて、
内革一式はオイルを含んだしっとりとした革を、どっしりと構えさせた。
デザインはウォレットコードとの一体感だけをデザインポイントの目標とし、
徹底的に主張のないオーソドックスなウォレットを目指した。
縫製や仕立てはMETAL JACKETに依頼。
METAL JACKETが独自にミシンの研究を重ね、縫う面の裏側に付きやすい、
送り歯による傷をださないようにしたミシンの表現は、手縫いには負けない表現となっている。

かつてのGERUGAはやすりで成形後、染料を入れて蜜蝋を溶かし込み、
コバの美しさと強度を追求していたが、
GERUGAユーザーの大半はハードに使用される方が多く、
コバのへたりが早かったので、今回のコバ処理は顔料仕立てを採用した。
ZIPスライダーとムシ、ハトメは、ブラス、ブラック、シルバー色から選べるようにし、
ウォレットコードの金具とのマッチングを図った。

大きさは2種類、ミドル、ロングが有り。
ウォレットコードの両端には、JANGO製作によるフックを装着。
GERUGA KEY HOOKのデザインを元に、リデザインしてウォレットコード用に配置した。
極端なデザインにはせず、ウォレットコードとして、革との存在共有を目指した。

金具はブラス、ブラック、シルバー色から選べるようにし、
ウォレットの金具とのマッチングを図った。
長さは2種類、ショート、ロングが有り。

GERUGAの定番、レザーウォレット&ウォレットコードです。

★レザーウォレットは、ロング、ミドルの2種類です。
★ミドルは札を折るタイプです。
★寸法(ロング) 9.5cm(巾)×18cm(長さ)×2cm(厚)
★寸法(ミドル) 9.5cm(巾)×15cm(長さ)×2cm(厚)
★ZIP、ハトメ、ドット釦は、ブラス、ブラック、シルバー色から選べます。

★ウォレットコードは、ロング、ショートの2種類です。
★寸法(ロング) 全長38cm(金具端まで)
★寸法(ショート) 全長28cm(金具端まで)
★ウォレットコードのフックは、ブラス、ブラック、シルバー925、から選べます。

基本、納期は、30日〜(時期とタイミングによります)
アイテムについての詳細は HUNGER 又はお近くの ディーラー さんにお訪ねください。

DSC_0243-


表革にはイタリアのワルピエ社のブッテーロ、
内革一式にはアメリカのホーウィン社のクロムエクセルを使用した、
GERUGAとMETAL JACKETの、
それぞれが使用していた革の融合を纏った2トーンカラーウォレット。

表革は発色の良い色を纏わせて、
内革一式はオイルを含んだしっとりとした革を、どっしりと構えさせた。
デザインはウォレットコードとの一体感だけをデザインポイントの目標とし、
徹底的に主張のないオーソドックスなウォレットを目指した。
縫製や仕立てはMETAL JACKETに依頼。
METAL JACKETが独自にミシンの研究を重ね、縫う面の裏側に付きやすい、
送り歯による傷をださないようにしたミシンの表現は、手縫いには負けない表現となっている。

かつてのGERUGAはやすりで成形後、染料を入れて蜜蝋を溶かし込み、
コバの美しさと強度を追求していたが、
GERUGAユーザーの大半はハードに使用される方が多く、
コバのへたりが早かったので、今回のコバ処理は顔料仕立てを採用した。
ZIPスライダーとムシ、ハトメは、ブラス、ブラック、シルバー色から選べるようにし、
ウォレットコードの金具とのマッチングを図った。

大きさは2種類、ミドル、ロングが有り。
ウォレットコードの両端には、JANGO製作によるフックを装着。
GERUGA KEY HOOKのデザインを元に、リデザインしてウォレットコード用に配置した。
極端なデザインにはせず、ウォレットコードとして、革との存在共有を目指した。

金具はブラス、ブラック、シルバー色から選べるようにし、
ウォレットの金具とのマッチングを図った。
長さは2種類、ショート、ロングが有り。

GERUGAの定番、レザーウォレット&ウォレットコードです。

★レザーウォレットは、ロング、ミドルの2種類です。
★ミドルは札を折るタイプです。
★寸法(ロング) 9.5cm(巾)×18cm(長さ)×2cm(厚)
★寸法(ミドル) 9.5cm(巾)×15cm(長さ)×2cm(厚)
★ZIP、ハトメ、ドット釦は、ブラス、ブラック、シルバー色から選べます。

★ウォレットコードは、ロング、ショートの2種類です。
★寸法(ロング) 全長38cm(金具端まで)
★寸法(ショート) 全長28cm(金具端まで)
★ウォレットコードのフックは、ブラス、ブラック、シルバー925、から選べます。

基本、納期は、30日〜(時期とタイミングによります)
アイテムについての詳細は HUNGER 又はお近くの ディーラー さんにお訪ねください。

表革にはイタリアのワルピエ社のブッテーロ、
内革一式にはアメリカのホーウィン社のクロムエクセルを使用した、
GERUGAとMETAL JACKETの、
それぞれが使用していた革の融合を纏った2トーンカラーウォレット。

表革は発色の良い色を纏わせて、
内革一式はオイルを含んだしっとりとした革を、どっしりと構えさせた。
デザインはウォレットコードとの一体感だけをデザインポイントの目標とし、
徹底的に主張のないオーソドックスなウォレットを目指した。
縫製や仕立てはMETAL JACKETに依頼。
METAL JACKETが独自にミシンの研究を重ね、縫う面の裏側に付きやすい、
送り歯による傷をださないようにしたミシンの表現は、手縫いには負けない表現となっている。

かつてのGERUGAはやすりで成形後、染料を入れて蜜蝋を溶かし込み、
コバの美しさと強度を追求していたが、
GERUGAユーザーの大半はハードに使用される方が多く、
コバのへたりが早かったので、今回のコバ処理は顔料仕立てを採用した。
ZIPスライダーとムシ、ハトメは、ブラス、ブラック、シルバー色から選べるようにし、
ウォレットコードの金具とのマッチングを図った。

大きさは2種類、ミドル、ロングが有り。
ウォレットコードの両端には、JANGO製作によるフックを装着。
GERUGA KEY HOOKのデザインを元に、リデザインしてウォレットコード用に配置した。
極端なデザインにはせず、ウォレットコードとして、革との存在共有を目指した。

金具はブラス、ブラック、シルバー色から選べるようにし、
ウォレットの金具とのマッチングを図った。
長さは2種類、ショート、ロングが有り。


物撮りの為に早朝の HUNGER 通い。

HUNGERに差す光の時間が知りたくて、

この一年、春夏秋冬、日の出の時間ばかり調べてる。

日が昇り始めた頃、

家を出る時にツーリングの出発の雰囲気が味わえるんだけど、

すぐに着いてしまい、あっという間にツーリングもどきは終了。

あんぱん食って黙々と撮影。そんな朝。

DSC_1258-


軽量なホーススエードとウールボアをあわせた、

日常に馴染みやすいスエードボアジャケット。

ほどよくタイトなシルエットに短めの丈で、

Gジャンのように軽く羽織ってもらいたい。

唯一のデザインポイントのポケットには、

別革(馬革)を当てて存在感を放っているが、

全体的に極力シンプルなものを指しているので、

それほど主張はしてこない。

ボタンは全てドットボタン。

袖裏の素材は滑らかで深みのあるレーヨンコットンのサテンを採用した。

袖部分の防寒補助として薄手の中綿シンサレートを挟みこんだ。

タウンユースとしての活躍が見込まれる一着。