GERUGA


GERUGA JOUNAL

++++++++ 11/15 〜 <発売> ++++++++

GR-V-21 NEIL VEST

シンプルな構成の中に大きめの立体ポケットをサイド気味に配置し、
ユニークにまとめたアウターベスト。
裏地には、生成り色のアンティーク加工した馬布スレキを採用し、
ナチュラルな味付けをした。
裏地に中綿シンサレートを大柄ダイヤキルトで抱き合せ、
アウターとしての防寒性を確保。
前開きには、定番のミリタリーボタンを採用。
裾には、ドローラバーコードを設け、
着用時のシルエットに変化つけて雰囲気を操作できる。
首元のラインは、丸首とVネックの中間くらいの設定。
サイズ感は、ミディアムアウターあたりであればその上に羽織れるくらい、
シャツなどの上に羽織っても大きすぎないくらいの設定。
製品洗い済み。(乾燥機不可)

++++++++ 11/15 〜 <発売> ++++++++

GR-V-20 DIAGONAL QUILT VEST

ダイアゴナルキルトパーカーからの、
デザインを落とし込んだ、ダイアゴナルキルトベスト。
ベストにはダウンは使用せず、シンサレートを採用し軽快さを求めた。
キルトラインに沿って配置されたフラップポケットを、
デザインポイントにして全体を設計。
首元を解放固定するドットボタンを採用。
サイズ感はシャツ〜ライトアウターの上に、
羽織るのにちょうど良いくらいの設定。
肩ヨーク部分は配色バージョンと、表地の同色バージョンの展開。
表地は強度と風合いを考慮し、
コットンとコーデュラ糸で織り上げたコーデュラバックサテンを使用。
裏地にはドライ感あるコットンウールヘリンボン素材を採用した。
未洗い。(洗濯可・乾燥機不可)

++++++++ 11/15 〜 <発売> ++++++++

GR-J-105 PADDED DENIM JACKET

肩にキルティングステッチを施した、パテッドデニムジャケット。
GERUGAの代名詞的なパテッドのディティールを織り交ぜ、
目新しいジャケットを目指した。
キルティングウエスタンシャツを彷彿とさせるような、
キルトステッチをデザインポイントにして、
アローポケットをハンドウォーマーに備えた軽快な一着。
パテッドには薄めの中綿(シンサレート)を挟み込みキルトステッチを施している。
釦は全て使い勝手に優れたドット釦を採用。キャップには手彫りでGRG文字。
岡山倉敷のデニムスペシャリスト工場にて縫製。
運針数(ミシン目の細かさ)はパートにより使い分け、
表情に奥行きを与えている。
13.5ozの横ベージュのインディゴセルヴィッチデニムと、
13.5ozのムラ糸のブラックセルヴィッチデニムの2種類を用意。
共に旧織機で織られたセルヴィッチデニム。
別布には、特殊加工を施した高密度コットン馬布を採用。
強度と遮風性に優れ、独特な風合いを持つ。
製品洗い済み。(乾燥機不可)

++++++++ 11/1 〜 <発売> ++++++++

GR-C-92 T.Q.S FULL OPEN T-S – 40/2 天竺 BORDER –

オリジナルボーダーを使用した7分袖のフルオープンカットソー。
単色の布帛素材との組み合わせで、単調さにコントラストを与えてる。


繊細な縫製の持ち出しのディティールや裁ち切りポケット、
編み立ての袖口リブやメタル釦など、
従来のカットソーにおさまらない、新しいバランスを目指した。


オリジナルで製作したボーダーは、40/2度詰め天竺のマルチボーダー。
70年代ヴィンテージを想わせるような少し懐かしい配色。


少し抜けたダサボーダーを、だらしなく着こなして欲しい。
製品洗い済み。(乾燥機不可)

++++++++ 11/1 〜 <発売> ++++++++

GR-S-102 QUILTING WESTERN SHIRTS

ゲルガタックアウト型シャツから派生した新作シャツ。
今期モデルはウエスタンの匂いを少し抑え、デザインを一新した


胸部にストライプキルトステッチを施すなど、
見た目のインパクトは強めに、GERUGAらしさくまとめ上げた。


着まわしのきく薄手のデニムながら、存在感のあるセルヴィッチデニムを採用し、
GERUGAのデニム製品を担う岡山倉敷のデニムスペシャリスト工場にて縫製。


力強いステッチワークで無骨な表現をしているが、運針数の設定を使い分けなどのバランスで、
繊細さもあわせもった1枚として仕上げている。製品洗い済み。(乾燥機不可)

毛並みの荒いステアハイドスエードを使用したレザーパンツ。

スエードレザーは表情がやわらかいので、通常のレザーよりハードになり過ぎず、

巾広いコーディネートの活躍が見込まれる。

前開きは、ドーナツタックボタンのボタンフライ仕様。

裏地に採用したポリエステル/レーヨン混ツイルは、起毛加工によりナチュラルなうぶ毛を付与し、

ソフトタッチでウォーム感ある素材。強度にも優れている。

*マスタードカラーのみ、ヒップパーツにホワイトシュリンクレザーのコンビ仕様となる。

イメージソースは、ヴィンテージモトクロスウエア。

Ducati Panigale V4 R

Panigale-V4R-Red-MY19-04-Gallery-1920x1080

Panigale-V4R-Red-MY19-Ambience-01-Gallery-1920x1080
独特な音、存在感。

DUCATIに限らず、V4エンジンには憧れがある。

HONDAのV4シリーズも、昔から好き。

いつか、縁があれば。

++++++++ 11/15 〜 <発売> ++++++++

GR-J-106 AVIATOR JACKET

30~40年代の、B-2から民間用パイロットジャケットへと、
デザインが落とし込まれた時代の物から、
発想をスタートさせたシビリアンタイプのアビエイタージャケット。
当時、軍用B-2フライトジャケットから、
民間用パイロットジャケットへと変更のあった、
ハンドウォーマーを両身頃に採用し、
布帛物としてGERUGAへのジャケットに落とし込んだ。
ZIP付きは好みの分かれるところだが、このフライトジャケットの特性上、
バイクに乗るというスタイルにも合わせるため、
物をしっかり保管のできる、ZIP付きポケットを採用した。
袖口は、ジップによる開閉機構を配置。
ウエストベルトバックルは、専用設計で製作。
オリジナルB-2バックルを元に、JANGOに製作を依頼した。
基本はGERUGAのレザーウエアの B-2を原型にし、
布帛アウターとしてサイズを見直し、
衿のボリュームを抑えるなど、全体バランスを見直し、再構築した。
表地は超高密度な綾織のダブルクロス(二重織組織)を使用。
ウエイトのあるしっかりしたダブルクロスの表地と、
身頃裏のアルパカ混のウールボア、袖裏のレーヨンコットンサテンを組み合わせ、
薄めのシンサレートを挟み込んだインパクトある防寒仕様となっている。
製品洗い済み。(乾燥機不可)