GERUGA


GERUGA JOUNAL

++++++++ 3/23 〜 <発売> ++++++++

GR-C-89 HEAVEY DUTY RAGLAN T-S

ヘヴィーデューティTシャツラインのラグランカットソー。
丸胴編みとカットソーイングの組み合わせで構成されている。
しっかりとした生地は、男の衣料としての存在感を漂わせ、
厚い肉質が色に深みを与えている。
メインシェルは、コーマ糸を使用した16/-度詰天竺。
前身頃裾にワンポイントプリント。
製品染め<硫化染め + バイオ加工>により、表情に深みを出している。
<硫化染め>なので、デニムアイテムのように経年変化も楽しめる。
(乾燥機不可)

++++++++ 3/23 〜 <発売> ++++++++

GR-C-88 HEAVEY DUTY V-NECK T-S

丸胴編みとカットソーイングの組み合わせで構成されたTシャツ。
しっかりとした生地は、男の衣料としての存在感を漂わせ、
厚い肉質が色に深みを与えている。
外し気味につけられたポケットが個性を主張している。
メインシェルは、コーマ糸を使用した16/-度詰天竺。
クラックプリントにて、『GRG』
製品染め<硫化染め + バイオ加工>により、表情に深みを出している。
<硫化染め>なので、デニムアイテムのように経年変化も楽しめる。
(乾燥機不可)

++++++++ 3/23 〜 <発売> ++++++++

GR-C-87 HEAVEY DUTY POCKET T-S

丸胴編みとカットソーイングの組み合わせで構成されたTシャツ。
しっかりとした生地は、男の衣料としての存在感を漂わせ、
厚い肉質が色に深みを与えている。
外し気味につけられたポケットが個性を主張している。
メインシェルは、コーマ糸を使用した16/-度詰天竺。
クラックプリントにて、『GRG』
製品染め<硫化染め + バイオ加工>により、表情に深みを出している。
<硫化染め>なので、デニムアイテムのように経年変化も楽しめる。
(乾燥機不可)

++++++++ 2/23 〜 <発売> ++++++++

GR-J-104 WIND SHELL JACKET

70~80年代のRCAF(ロイヤルカナディアンエアフォース)
フライトジャケットのディティールを踏襲し、
雰囲気をそのままにGERUGAのシルエットに落とし込んだ、
ウインドシェルジャケット。
特徴的な袖のデザインとして、両腕にはシガーポケット、
そして両腕に付く小物の収納できるポケットなど、
機能的に配置された各種ポケットはそのまま採用し、
現代着としては不必要な軍用域での運動量を削り、
普段着としての最適化を測ったシルエットを構築した。
サイドのアジャスターは、ベルクロ仕様。
表地には、強度と風合いを考慮し、
コットンとコーデュラ糸で織り上げたコーデュラバックサテンを採用。
裏地には、特殊加工を施した高密度コットン馬布を採用。
強度と遮風性に優れた素材。
中綿なしで適度に軽くスッキリしたいシルエット、
3シーズン使えるアウタージャケットとして仕上がった。
未洗い。
(洗濯可・乾燥機不可)

++++++++ 2/14 〜 <発売> ++++++++

GR-B-07 DAILY BAG <CRAZY-PATTERN>

定期的にリリースしている、ワンデイショルダーバックの、
帆布クレイジーパターン仕様。
小さすぎず、大きすぎず、普段使いに適度なサイズ感に、
無骨でシンプルなデザインが相まって好評を得ている。
上フタ全面のジップ付きポケット構造と、
メイン収納スペースの2フロア構成。
38mm巾のベルトアジャスターとして、
インダストリアルな雰囲気を持った、
鉄製ガチャバックルを配置。(ダールBKメッキ加工)
底面にレザーのブタ鼻パッチを配置。
ストラップ(付属なし)使用で上着などを束ねることが可能。
メインジップはWジップ。
ジッパータブには大ぶりブラウンレザータブを使用。
開閉のしやすさ、デザインアクセントを担う。
表地には8号帆布を使用し、強度と耐久性を確保。
裏地にはボーダー柄のブランケットを使用。
内容物を保護するためのクッション性と、
デザインアクセントを担う。
縫製はGERUGAデニムアイテムを一任している、
岡山倉敷のデニムスペシャリスト工場で、
タフで力強く縫い上げている。
こちらは洗いなし。(洗濯可・乾燥機不可)